日体大

 読売新聞に「日体大が網走市障害者スポーツ高校を設立」との記事。現在の日体大理事長は、元衆院議員・松浪健四郎氏で、国会の演壇からコップの水を野党席にかけた事で有名。松浪氏で思い出される事がある。2009年の衆院選後の11月5日、友人の滝上町長と上野のおでん屋「たこきゅう」で飲食、そこに落選した自民党の中堅元議員4人が入店、隣り席に着席。隣りの元議員の秘書は職場の後輩、直前の政治パーティーに参加していた事から声を掛け、結果4人組みとの対話に発展。対話の中で、私が「O幹事長は、建設会社から裏金を入手したり、妻以外にも子供がいるなど、いい加減な生き方をしている。いずれ殺されますよ」と発言、それに対して松浪氏「殺される事はないと思う。しかし、女の問題は俺も似たり寄ったりなので、何も言えない。アハハ」と高笑いした。更に松浪氏は「次の参院選に出るので宜しく」と述べ名刺を手交した。しかし、選挙に出ないで母校の理事長に就任したようだ。日体大は、昨年末に松浪理事長が学生約50人を引き連れて北朝鮮を訪問したり、箱根駅伝に優勝するなど元気が良い。更に遠軽高校ラグビー部員2人が今年入学すると聞いており、私個人としても目が離せなくなった。

広告を非表示にする