食材偽装

今、テレビを見ていたら、全国各地のホテルで食材偽装が発覚、責任者が謝っている場面が出てくる。この問題は、これからどんどん表沙汰になってくるし、なって欲しい。

私の体験でも2年ほど前、東京・王子駅前のチェーン店で昼食した際、メニューの中に大きなホタテが2つ写っていたのに、出てきた器の中には小さなホタテ、それも2つに切った一つしか入っていなかった。支払いの時に文句を言ったところ、店員が店長を呼んできた。

どうも、店員の女性は、私の言い分に理解を示していたようで、盛んに頷いていた。要するに、本部か店長の指示で食材を減らしていたようだ。

日本人は、協調性を重視するあまり、この程度の事でクレームをつけない。その結果、発覚した際には大きな問題に発展する。更に、真面目に仕事をしている人を追い詰める事に繋がる。

やはり、おかしい事はおかしいという人間になるべきだし、周りもその行為を認める社会になって欲しいと思う。

広告を非表示にする